パネライスーパーコピー腕時計のファンでしたが県の手頃なミックス

私が現在知っているそれらの秘密の一部であったので、私は個人的に招待されたパネライスーパーコピーと彼らの4人の大規模生産の場所にスイスを訪問し、あらかじめ記事腕時計の購入者のための10のものについてのパネライスーパーコピーの腕時計を作る方法について知りました。パネライスーパーコピーの製造場所の3つはジュネーブで、彼らからすべてを最終製品組立は場合によっては腕時計を生産します。パネライスーパーコピー腕時計のムーブメントを作った(しかし、彼らは最初からして)約2時間離れてベルン州の市では、国のドイツ語とフランス語を話す地域に接している。

これらの両方ともいい、パネライスーパーコピー腕時計愛好家のための微妙な手がかりは、しかし、本当の引掛け手の色は、ベゼルのアワーマーカーと詳細。プレスリリース「ベージュ」と呼びます、しかし、我々はそれを正義と確信しません、それは私のために乳白色のコーヒーの柔らかい色です。この発光材料には相対的に微妙な変化が(まだ輝きをさわやかなブルー)、しかし、それは驚くべきことを見るに違いがあるもの。私のために、ラゴス島は、常にウルトラクリーンとしてチューダー家のコレクションのうち、外科的に鋭いツールを見て、特に暖かいトーンとブラック・ベイの家族のヴィンテージの色合いと比較した場合。lhd(見事に何、私が加えるかもしれない)は、非常に技術的なラゴス島へのこの暖かさのいくつかを持ってきて、それ以外の臨床的デザインに少し心を追加しています。

私は長い間、パネライスーパーコピー腕時計のファンでしたが、県の手頃なミックス、品質と耐久性。私はどちらの後約7年に傷を結晶との2つのボタンを押すにはあまりに難しくなっていました私の前のカシオの代わりにこの時計を買いました(そのうちの1つがライトであった)。